ガクト HMBサプリ 運動しない日

貴方は損をしています。メタルマッスルHMBを運動しない日に飲まないって想像上に損をしていることになるんですね。運動しない日にメタルマッスルHMBを飲まなければならない理由とは!?
MENU

【注意!】ガクトのHMBサプリを運動しない日に飲まない人は損!

メタルマッスルHMBは筋トレをしたら毎日飲みましょう。という注意書きがあると無条件に毎日飲んでいいのかも不安になってきますよね。

 

例えばこちらで出ている運動をしない日について。

 

この場合、飲まなくてもいいように感じてしまうようです。でもそれってすごくもったいないことになっていることを知っていましたか?

 

メタルマッスルHMBは運動をしない日でも飲むべきサプリです。後になってそのことを後悔しないように、順番に理由を考えて見ましょう。

 

 

メタルマッスルHMBは運動しない日に飲まないとどうなる?

 

運動をした人しない日でどのような変化が体に起こっているかをまとめて見ます。それはメタルマッスルHMBがあなたの体に起こしている最良の変化なのかもしれません。

 

 

・運動をしない日は筋肉が落ちてしまう

 

メタルマッスルHMBの役割の一つ目は筋肉をつけることですよね。それは間違いがありません。

 

プロテインを飲むよりも効率よく栄養素を吸収してトレーニング後に筋肉を作り出してくれるのです。

 

しかし、運動をしない日は筋肉が逆に落ちていってしまいます。使わない筋肉が減っていくのは自然なことですよね。

 

運動をしない日のポイントはこの減っていく筋肉をどうやって守るか、ということにもなるのです。

 

 

・メタルマッスルHMBがそれを防ぐ役割を担う

 

筋トレ界では常識となっているのですが、筋肉を維持するためにもHMB成分は必要と言われています。

 

イメージとしてですが、100の筋肉が徐々に落ちていって80まで下がってしまうとき、メタルマッスルHMBを飲んでいれば90程度に維持をすることができるというのです。

 

それを何かの間違いで「運動しない日はメタルマッスルHMBを飲まなくていい」と思い込んでしまうと効率が下がってしまいますよね。その点に注意をする必要があるのです。

 

 

筋肉が減っていく仕組みとつく仕組み

 

運動をしない日にもメタルマッスルHMBを飲むことで筋肉が減っていくのを防げることが期待できるとわかりました。

 

ここからは逆に運動をする日のメタルマッスルHMBの仕組みについても考えてみましょう。筋肉がつく仕組みというのは簡単で、筋トレで壊れた細胞をHMBが修復するということなのです。

 

このとき念のために以前よりも少し大きめに修復をしてくれます。だから、メタルマッスルHMBと運動を続けていくとマッチョになれるというのです。

 

ただしメタルマッスルHMBを最低限の量を取らないと、思っていたほどの大きな修復ができなくなってしまいます。材料がなければ何を作ることもできないですよね。

 

目安としては1日に1.5g以上と言われています。メタルマッスルHMBならば6粒で1600mgの摂取ができるのでバッチリ、その範囲を超えることができますね。

 

 

運動しない日の定義とは?

 

最後に運動をしない日、という考え方についてですが、人によって受けとり方にかなりの差があるようなので注意をしておきましょう。

 

メタルマッスルHMBの効果を期待する場合、運動というのはハードな筋トレのことですよね。そのため、運動しない人いうのはそういったトレーニングをしない日のことですが、通勤電車に乗ったり、一駅歩いたり、階段を使ったりといったことはしている前提です。

 

あなたの目的が体脂肪を絞ることならば(ボディビルダーも減量期にはそうしています)全く運動しない人いうのはありえません。

 

そもそも、1日の基礎代謝すら下がってしまうような生活になると、むしろ体脂肪は増えてしまいますよね。

 

メタルマッスルHMBをキチンを有効利用して結果を出したいならば今は勝負の時かも知れません。思い切って食事改善をして、かつメタルマッスルHMBを毎日飲んで、劇的に変化をしてみるのもいいかも知れませんね。

 

このページの先頭へ